メグリア健康宣言

トヨタ生活協同組合は、従業員のみなさんが心身ともに健康で気持ち良く働けるよう、
トヨタ自動車健康保険組合様とも連携し、健康維持・増進活動に取り組んでいます。

今回、健康維持・増進活動を更に強固に推進していくため、『トヨタ生活協同組合 健康宣言』を策定しました。

今後は、従業員が、心身ともに健康であふれる笑顔で組合員様をお迎えできるよう、健康宣言策定を機に、生協内のコミュニケーションを密に図り、従業員とそのご家族の健康保持・増進活動を推進致します。

トヨタ生活協同組合健康宣言

トヨタ生活協同組合が最も大切にするものは、従業員の安全と健康です。

従業員の安全と健康を真の意味で実現し、あふれる笑顔で組合員の皆様をお迎えし、快適で安心できる豊かな生活づくりに貢献し続けたいと思います。

〔取組み方針〕

  • 1.これまで取組んできた健康維持・増進活動をさらに強化するとともに、従業員一人ひとりの自律した健康管理を積極的に支援します。
    • (1)生活習慣病の予防に向け、食生活の改善や運動習慣定着に取組みます。 
    • (2)メンタル不調の未然防止に向け、メンタルヘルスケア活動を継続して実施します。
    • 2.『働き方改革』等の取組みと連携して、従業員とその家族の健康保持・増進、ワーク・ライフ・バランスの実現、生産性の向上、多様な従業員が活躍できる職場づくりを総合的に推進します。
      • (1)働き方や健康が適切に管理できる職場風土づくりに取組みます。
      • (2)メリハリある働き方の実現に向け、業務改善及び従業員の意識改革に取組みます。

2018年7月1日
理事長 加藤昭夫

トヨタ生活は、健康経営の推進に取組んでいます

2019年度 取組み結果
1)健康診断受診率100%継続
対象者受診率
2019年度3,720名100%
2018年度3,766名100%
2017年度3,822名100%
2)メンタルヘルスの取組み(ストレスチェック実施率)
対象者受診率
2019年度1,564名87%
2018年度1,564名89%
2017年度1,621名87%
3)働き方(2019年度実績)
所定外労働時間26.0時間/月平均
長時間労働者数(42時間超/月)57.5名/月平均
4)生活習慣改善の取組み(職場天気図[2019年7月集計])
※健保平均比較(良い: 悪い:
非メタボ者喫煙率熟睡できる朝食を摂る運動習慣がある
77.4%18.4%73.4%72.7%20.0%
5)運動習慣定着化(2019年度 イベント参加人数)
ボウリング大会503名
1日1万歩チャレンジ1回目:2,119名
2回目:2,059名
ウォーキングラリー26名

「健康経営優良法人2020」の認定を取得しました.ホワイト500